財経観察:中仏原子力エネルギー協力の40年 師弟から戦略パートナーへ

澳门太阳城网址

2020-01-13

財経観察:中仏原子力エネルギー協力の40年 師弟から戦略パートナーへ

   2019年,一连串闪光的名字为这个不平凡的年份锦上添花。

財経観察:中仏原子力エネルギー協力の40年 師弟から戦略パートナーへ

フランスパリにある中国広核集団欧洲能源公司の遠隔監視制御データ分析センター。

(3月8日撮影、北京=新華社記者/高静)【新華社パリ4月7日】過去40年間を振り返ると、原子力エネルギー分野における中国とフランスの協力は絶えず成長と発展を遂げ、両国原子力エネルギー企業の関係は「師弟関係」から「戦略パートナーシップ」へと変化し、深い協力による力量と魅力を示している。

この40年、中仏原子力エネルギー協力では「トリロジー(三部作)」が披露されてきた。大亜湾から台山、英国ヒンクリーポイントの原子力発電所プロジェクトまで、中仏原子力エネルギー協力は「フランスがメイン、中国がアシスト」という形から「中国がメイン、フランスがサポート提供」へ、そして「共同設計、共同建設」という三つの重要な段階を進み、両国と世界にメリットをもたらしてきた。

1978年12月、中国はフランスから原子力発電所設備2基を購入すると発表した。その後、中国とフランスは協力して中国大陸初の大型商用原子力発電所、大亜湾原子力発電所を建設し、原子力エネルギー分野における両国の長期協力がスタートした。同原発は改革開放初期の中国で最大の海外合資事業であり、中国の改革開放の象徴的プロジェクトでもあった。

中国広核集団(CGN)の賀禹(がう)董事長は当時を振り返り、「大亜湾原発の建設過程において、中国の技術者は『小学生』の姿勢を持ち、フランスの先生から素直に学んだ」と語った。中仏原子力エネルギー協力は中国の原子力産業の成長を促し、徐々に全面的な産業システムを構築するだけでなく、燃料生産、設備製造、工事建設、技術開発を含む原子力産業ネットワークを作り上げた。中仏両国の原子力エネルギー企業は「師弟関係」から、次第に戦略協力パートナーへと変わっていった。2016年、CGNはフランス電力会社(EDF)、英国政府との間で英国内の新規原子力発電所プロジェクトに関する包括協定に調印した。協定内のプロジェクトにはヒンクリーポイントCプロジェクト、サイズウェルCプロジェクト、ブラッドウェルBプロジェクトが含まれ、そのうちブラッドウェルBプロジェクトには中国が独自の知的財産権を持つ第3世代原発技術による「華竜1号」が採用された。賀董事長は、改革開放から40年、中国は原子力エネルギー分野においてフランスとの交流を深め、強化していると述べた。また、中国の原子力エネルギーは世界市場でますます重要な役割を演じ中仏協力に新たなチャンスとプラットフォームを提供しており、両国企業は第三国市場の共同開発を進めるべきだとの見方を示した。

相关新闻

关键字:
  • 徐立全:为我省决胜全面建成小康社会和“十三五”规划圆满收官凝心聚力
  • 一招自测,帮你判断掉发程度
  • 李银河:女性要依靠独立工作争取平等地位
  • 缺觉,大脑会受伤?这样做让大脑更聪明
  • 本周五迎春运高峰 北京西站安检互认地铁进站省最多15分钟2002年2月27日
  • 財経観察:中仏原子力エネルギー協力の40年 師弟から戦略パートナーへ
  • 全程无纸化 我国实现对外支付税务备案电子化2006年12月13日
  • 产后妈妈 别急着喝滋补汤
  • イラン司令官の葬儀で転倒事故 死者56人に2004年4月13日
  • 8人因网上散布“武汉病毒性肺炎”不实信息被依法处理